TOP - 助成事業 - 受賞者近況

受賞者近況

川崎医科大学 松原 俊二
(令和元年度 受賞者)


脳卒中発症予防と迅速・適切な治療につなげるために


 この度は、公益財団法人川崎医学・医療福祉学振興会教育研究助成を賜り、誠にありがとうございました。選考委員会の先生方および関係者の皆様に深謝致します。
 第14回岡山脳卒中市民公開講座は、県民の方々が利用しやすい会場である岡山コンベンションセンター(岡山市)にて開催し、岡山県下で脳卒中診療を行っている医療機関の医師と薬剤師の4名が講演を行い、以下の情報を提供することで岡山県民の知識・意識向上に寄与できたと考えます。

  • 脳卒中の予防(リスク因子の認識及び管理・生活習慣の改善・リスク因子がある方への受診の呼びかけ等)に関する情報の普及・注意喚起
  • 脳卒中の急性期症状「脳卒中5大症状」の普及・注意喚起
  • 脳卒中発症時の早期対応(適切な救急搬送・救急受診等)
  • 脳卒中の治療についての最新情報(rt-PA静注療法、血管内治療、手術等)
  • 脳卒中のリハビリテーション・回復期・地域連携
  • 脳卒中診療における薬剤管理・薬物療法の注意点

 また、医療機関や介護に携わる多職種の方に参加して頂くことで相互のコミュニケーションをさらに深めることができ、また地域かかりつけ医と専門医とが連携を深めることができました。
 近年、脳卒中の急性期治療の発展は目まぐるしく、後遺症が大幅に軽減できるrt-PA静注療法や血管内治療が主流になってきています。しかしながら、これらの治療は時間との勝負です。脳卒中発症後の治療開始時間を短縮化するためには、脳卒中発症後から病院受診までの時間を最小限にしなければなりません。今回の市民公開講座を通して、医療従事者だけでなく、一般市民に「脳卒中発症に気付くこと」と「脳卒中発症時の適切な対処法」を周知したことで、迅速な救急受診につながる一歩になったと考えております。
 「脳卒中は予防可能な病気です!」市民公開講座を通して少しでも多くの県民の早期治療につながるように、今後も地域社会への啓発活動を続けていきたいと思います。  今回助成をいただき、三連休の中、148名の一般市民にご参加を頂き、成功裏に開催することができましたこと喜ばしく思い、本会開催にあたり、多大なるお力添えをいただきましたことに改めて深く感謝致しております。

[令和2年4月1日掲載]

プライバシーポリシー

サイトマップ